出会い系講義|出会い系サイトの正しい選び方

本当に出会えるサイトはコレ

*

「 メールの書き方を攻略 」 一覧

a0001_016482

恋愛話に持ち込むメール術

  2013/10/20    メールの書き方を攻略

「メールは続くようになったけど、そこから発展しない」 「だらだらとメールが続き、返信がこなくなる」 メールは一歩踏み込むのがコツ よくありがちなのが、メールが続くがその後に発展せず、連絡が途絶えてしまうケース。最初は趣味の話や、休日の仕事の話やらの普通の会話で盛り上がるのですが、その会話が長引いたり、話題転換も同じような他愛のないメールになり、なかなか発展しないパターンは多いようです。   もう一度思い出してほしいのですが、女性も出会い系サイトに登録している以上、出会うために使っているはずで、あなたにメールを返しているということは、少なからず興味があるということです。別に趣味や仕事の話そのものをしたくて、出会い系サイトを使っているわけではないのです。   ここで男性に求められるのは、改めて男女を意識させるということです。お互い恋愛に発展しなければ意味がないので、メール上で話題の転換を図りましょう。 何気なく話題を変える とはいえいきなり「僕のこと男としてどう思いますか?」なんて送っても、相手に引かれてしまうだけでしょう。まずは相手に対して恋愛に関する質問をしてみましょう。例えばどんな人がタイプなのかを聞くであるとか、どれくらい彼氏がいないか等、軽めのものでいいと思います。 「何か急に寒くなって人恋しい季節になってきましたね笑 そういえば○○さんって好きなタイプみたいなのってあるんですか?」 「今日も暑いですね^^; 夏までには彼女がいるはずだったんですが笑 そういえば○○さんはどれくらい彼氏さんいらっしゃらないんですか?自分はかれこれ○○ケ月です笑」 「でもそんなに多趣味(そんな職場)だと、出会いも結構あるんじゃないですか?○○さんモテそうですし^^笑」 これらは一つの例にすぎませんが、このように少し恋愛の要素のある会話をしていくことで、改めて男女であることを意識させることができます。聞いたらからには、自分も聞き返される可能性もあるので、質問は選んだ方が良い場合もありますが、女性も男性側の恋愛観などを知りたいと思うのは当然のことです。 デートとして誘う 会う口実として、「趣味が一緒だから」という理由ももちろんありだとは思いますが、恋愛話をした後で会うとなると、基本的にはお互いに男女を意識しているので「デート」として会うという色合いが強くなります。個人的には「デート」として会う方が話が早いのでいいのですが、奥手の女性の場合は抵抗を示す可能性もあります。   とはいえ結局はお互いに出会うために使っているはずですから、メールがだらだらと続いているのであれば、スパイス代わりにも恋愛の話も交えてみましょう。

a0001_014331

メールを返信するタイミングとは

  2013/10/19    メールの書き方を攻略

「どのくらいのペースで返信すればいいの?」 「あまり早すぎると暇にみられそう」 返信は相手のペースに合わせる 基本的に1日1通のペースであれば相手からの返信を急いで返す必要なく、逆にあまりに返信のペースが早すぎると、相手からも引かれてしまう可能性があります。また相手がこちらのメール開いて明日返信しようと閉じたまま、忘れられてしまう可能性もあります。とはいえ1日おいて返信する必要もなく、2,3時間以上あけて返信するぐらいがちょうどいいでしょう。   ただ気を付けてほしいのは、あまり遅くなりすぎないということです。2日間返信放置してしまったりすると、もう女性から返信がもらえなくなるパターンが多いです。女性からすると、何人もの男性からメールをもらっている中であなたに返信しているのに、私に興味がなくなったのなら他の人とメールをした方がいいと考えるからです。 初めての返信と休日はペースをあげる 基本的には相手のペースに合わせるのがいいのですが、女性からの返信の1通目は1時間前後でこちらから返信できるのがベストです。最初のメールがその後のペースを決めるので、もしその後女性からの返信がスピーディーに返ってくるようであれば、その日だけで一気に距離を縮められる可能性があるからです。   また休日などであればさらにチャンスかもしれません。というのも休日などで女性から返信があった場合、その日は一日予定がなく暇でメール相手を探している可能性があるからです。管理人は一日だけでテンポよくメールが進み、その日のうちに会う日まで決めてしまったことが何度もあります。特にテンポよくメールが続いているときは、お互いに普段の友達とメールをしているような感覚になり、1日1通やりとりしているときとは相手のテンションも明らかに違うため、アプローチをかけるにはかなり有利となります。 メールのねらい目は休日 上にも書いた通り、ねらい目は休日です。もちろんライバルも多くなりますが、それでもやはり休日の方が返信率が高く、またその日のうちにメールで一気に距離を縮められる可能性が高いからです。   また応用編ですが、今まで1日1通だったやり取りを、休日は今までの返信ペースではなく、1時間以内に返信してスピードアップを狙ってみてもいいかもしれません。相手が暇でこちらに興味があれば、テンポの良いやり取りができる可能性があります。   自然の流れで「今日何も予定ないんだよね~」とか送っておけば自ずと休日の話になり、その流れで「来週暇だったらのみいかない?」と誘いやすくなるのも、休日ならではのアプローチ方法です。

images (1)

メールでデートに誘う

  2013/10/05    メールの書き方を攻略

「少し打ち解けられてきたけど、どうやって切り出せばいいの?」 「どのタイミングで誘うのが自然?」 出会い系サイトに登録している以上奥手になる必要はない お互いに登録しているのは「出会い系サイト」であり、女性側も男性側が会いたいと思っていると考えるのが普通でしょう。そして女性側も基本的には、いい人が入れば会いたいと思っているはずです。この状況で奥手になる必要はありません。   もちろん戦略として、あまりに早く会いたいと宣言するのはいい戦略ではありませんが、最終的には目的はどうあれ、会わなければ結局何も始まりません。 15-30通が切り出す目安 もちろん相手によったり、会話の盛りあがり具合によりますがこの通数が一つの目安になるでしょう。15通未満では早すぎる気がしますし、30通以上かけても会えない可能性があるので、切り出してダメであれば次に行った方が間違いなく効率がいいと考えます。   ではこの通数の範囲で誘うにはどうしたらよいでしょうか。もちろんメールのやり取りの中で下準備をしておきます。 会うには必ず口実が必要 なんの脈絡もなく誘うのはよくありません。たとえ女性が会いたいと思っていたとしても、あまりに急に切り出すと断られる可能性もあります。女性の心理的には、何か会う理由がないと「軽い女と見られたらいやだ」「好きだと勘違いされたくない」等々の抵抗感が出てきてしまうのです。   あくまで表面上でも構いませんので女性に「(そういう理由ならしょうがないから会ってみようかな)」と思わせてあげられるかが重要です。 どんな口実を作るか 以下が主な口実となるものです。 同じ趣味であれば、それを口実に誘う 相手が「美味しいものが好き」ならいい店を知っているという理由で誘う 悩みを聞いているなら、今度直接聞くという理由で誘う 住んでるところも近いから、お茶しようよと誘う 上記に当てはまらなくても問題はないですが、とにかくなにかしらの理由を作ってください。趣味での共通点がなければ、相手の趣味に「ちょうど興味があるから教えてほしい」とか、「一緒に行ってみたい」という理由で十分口実は作れます。   もしどうしても相手の趣味に興味が持てないのであれば、自分の趣味を魅力的に語り、相手に「面白そう」とか「楽しそう」とかのリアクションが返ってくるように狙います。こちらであれば、上手くいけばスムーズにデートでリードできる可能性があります。   ちなみにした二つはかなりパワープレイですが、相手が会ってもいいと思っているくらい打ち解けているのであれば、この程度の理由でも問題ありません。 断られずらい誘い方 まずこちらから、日時をあえて指定しましょう。そうすると「その日は○○があるから」と断りやすいのですし、実際あいてない可能性も十分あるので断られます。ここで相手から日時の提案が来たら素晴らしいですが、そうはうまくいきません。この狙いは、2回目は断りずらくなる心理を利用して「そっかぁ、じゃあいつなら大丈夫?合わせるよ」と再度アプローチするのが狙いです。

images (1)

メールで打ち解けるには

  2013/09/23    メールの書き方を攻略

「メールは続くけど、まだ雰囲気が固い」 「いまいち打ち解けられている感じがしない」 どこまで自然に打ち解けられるか 実際に出会うためには、ある程度打ち解けている必要があります。 もちろん歳が大きく離れていたり、そもそも出会いの形が結構前提のお見合いに近いようなものを望んでいるのなら別ですが、まずは「友達から」とプロフフィールに書いている女性も多いので、少しずつ友達のような存在になれるよう目指します。 自然にタメ語を挟む 相手にもよりますが、ずっと堅苦しいままでは出会うまでには道のりは遠いままになってしまうでしょう。打ち解けるための戦略としては、まず軽く敬語を解くというのが挙げられます。相手から敬語を解いてきた場合には問題ないですが、こちらから仕掛ける場合は以下を参考にしてみてください。 「沖縄旅行とかうらやましいですね。僕も行ってみたいです。」⇒「沖縄とかいいな~、僕も行ってみたいです。」 「趣味がダーツがなんてかっこいいですね。難しくないんですか?」⇒「趣味がダーツとかカッコいい!難しくないんですか?」 要は全てをいきなりタメ語にするのではなく、リアクションや感想の部分を自分の素の感情としてタメ語にすると自然に見えるでしょう。 扱いとしては一人事のような形になりますので、相手に失礼もありません。 顔文字や(笑)を入れてみる こちらは相手を選ぶ必要がありますが、相手のプロフィールに顔文字が使われていれば、メールを送る際に1つ2つくらい織り交ぜてみましょう^^ 個人的には顔文字を無理やりにでも使わないと、どうしても味気ない文章しかかけないので、かなりの確率で入れるようにしています。 また(笑)も相手を選ぶ必要がありますが、相手がどこかしらで使っていれば、しつこくない程度に使ってもいいでしょう。 趣味が料理とか素敵ですね^^僕なんて1年くらい台所つかってないかも(笑) 今日の台風はすごかったですね。。。傘開いた瞬間にひしゃげてしまいました(笑) 日常の写メを送ってみる 管理人はやったことはないですが、女性から何気ない写メをもらっただけでも距離が大きく近づいた気がしました。例えば今日料理してみたものの、全然おいしくなかった料理の写メとか、外出先の何気ない風景でもいいと思います。 被写体は自分である必要はなく、ただ日常の風景を送るだけでも相手と距離を縮められるでしょう。

8975330_480x287

アドレスを交換するべきタイミングとは

  2013/09/23    メールの書き方を攻略

「会話は続くけどポイント費がかさんできた・・・」 「アドレス交換するタイミングがわからない」 アドレスを聞くタイミングはまずは自分で設定する 早ければ5往復で、遅ければ15通往復が管理人の目安になっています。というのもこれには相手にもよりますが、それ以上にいくらお金をかけられるかの個人的な事情も大きくかかわってきます。   ポイント制の場合、大体メール1通50円程度。つまり一人とアドレス交換するのに、管理人の場合は最大750円まで払っていいという計算になります。ただ750円までかけても断られるケースだってもちろんあります。その場合は管理人の場合はあきらめてしまうということです。   キャッシュバッカーの可能性もありますし、そうでないとしても時間とお金がもったいないという判断です。皆さんもキャッシュバッカーにハマらないためにも、自分は一人に対して最大いくらまでかけるかを決めておきましょう。 目安はおおよそ10往復前後 正直相手によってかなりぶれますが、管理人の場合10往復くらいで聞くようにしています。よほど大事にしたいと思わない限り15通まで我慢できません(笑)。   両者共に出会い系サイトに登録しているのであり、どんなメールの内容であろうとお互いに基本的には出会うことを目的としているはずです。にも関わらず10通以上メールしてもアドレスも教えてくれないということであれば、他をあたったほうがよいという考え方です。   最近では若い女性などはLINEをやっている人も増えており、LINEのほうが教えるのに抵抗がないようなので、LINEを聞いてしまうことが多いです。   とはいえ相手にもタイミングがあるので、管理人の場合はどちらも敬語で会話が続いている場合は10通以上、敬語がやや崩れていたり打ち解けられている感覚があれば、10通未満で聞けるかもと判断しています。 どのように聞き出すか 難しく考えないほうがよいと思います。両者共出会い系サイトに登録している以上、相手もこちらが会いたがっているはずだと思っているのが普通なので、今さら奥手になる必要はありません。 「良かったら直接やり取りできませんか?よければこちらからアドレスをお送りしますよ」 「LINEとかやってませんか?直接連絡できると嬉しいです」 「(抵抗がなければ)良ければこれが自分のアドなので○@.ne.jpこちらに連絡もらえると嬉しいです」

15984676

自然と会話が弾むメールのポイントは主に3つ

  2013/09/23    メールの書き方を攻略

「アプローチからの返信はもらえたけど、そのあとのメールが続かない・・・」 「いまいちメールが盛り上がらない・・・」 まずは自分の意見や感想、状況を入れるだけでいい アプローチメールで「質問が大切」と書きましたが、よくやってしまいがちなのは1問1答形式になってしまい、味気ないつまらないやり取りになってしまうことです。これでは会話も盛り上がらず、相手はこちらに興味を持ってくれないでしょう。   —————————– (1)男性「旅行がお好きなんですね!最近ではどこに行きましたか?」    女性「最近では沖縄に行きました」   (2)男性「沖縄いいですよね!海には入りましたか?」    女性「晴れていたので、ダイビングとかしましたよ」   (3)男性「結構頻繁に旅行はいくんですか?」    女性「はい。(なんかこの人のことは全然わからないし、質問ばかりで楽しくないなぁ)」 —————————–   確かに質問があるので、女性としてはそれで答えるだけでいい分返信はしやすいですが、このメールでは男性の魅力は何も伝わっておらず、女性としても尋問のような形で途中から返信が面倒になってしまうでしょう。   上記を踏まえて、このメールの何がダメなのかを解説していきます。 話題の振り方(1) 「最近ではどこに行きましたか?」これだけでも問題はないですが、少し自分のことについて触れると自分のことも伝えられますし、もしかしたら女性から質問をしてもらえるかもしれません。また心理学的にも「自己開示」をすればするほど、相手も心を開いてくれるということは言われています。   相手は自分のことに詳しいのに、自分は相手を全く知らないという状況は無意識に恐怖を生んでしまいます。 質問の仕方(2) 「沖縄いいですよね!」という部分にも同じく、自分の意見か感想を入れましょう。「昔行ったことがあり~」「まだ一度も行ったことがないので~」等自己開示につながります。   「海には入りましたか?」の部分ですが、気を付けてほしいのはあまり「はい or いいえ」の質問になりすぎないことです。相手としても「はい or いいえ」で答えるしかなくなるので、返信が味気ないものになりがちです。 話題の転換(3) ネタがなく会話が続かないかもしれないと判断したり、違う面を聞きたいと思って話題を変えるのは問題ありません。むしろ同じ話題だと会話のテンポが次第に悪くなるため、キリ良いタイミングで変えることは間違いなく必要です。ただここで意識したいのは、ただやみくもに話題を変えるのではなく、「目的をもって話題を変える」ということです。   目的とは「会う約束をとる」のか「共通点を探る」のか「どんな人がタイプかを聞く」のか、どこに話を持っていくかということです。でないとまただらだらと会話が続くだけで、出会うまでに至らないケースが多いです。 ※もちろんプロフィールを読めばわかることは聞いてはいけません。   上記を踏まえて、メールの例を再度見てみましょう。   —————————– …

ダウンロード

最初のメールの書き方

  2013/09/21    メールの書き方を攻略

「実際にどんな内容のメールがいいの?」 「どれくらい自分のことを書いたらいいの?」 本命であるということをメールで伝える 一番ダメなメールは誰にでも送れるようなテンプレートっぽいメールです。   ————————————————— はじめまして。○○といいます。 仕事は都内で営業をやっています。 趣味はドライブで、休日は美味しいものを食べに来るまで遠出することも多いです。 よかったらお返事ください。 —————————————————   これでは色々な人に同じようなメールを送っていて、私にきたのもその中の1通に過ぎないという印象を与えます。義理チョコと本命の嬉しさが全然違うように、メールも本命であることを伝えなければいけません。   また文面では相手のプロフィールにすら目を通してない可能性さえありますので、これではあまりに失礼です。 重要なのはなぜ私はあなたにメールをしたのか では本命であることを伝えるのにはどうしたらよいのでしょうか。   それは「私は色々な人にメールを送っているわけではなく、あなただからこそメールを送ったのだ」ということを伝えられればいいのです。こう聞くと何か重く難しい気もしますが、決してそんなことはありません。   たとえば以下のように文章を加えるだけでも、印象はガラッと変わります。   ————————————————— はじめまして。○○といいます。 仕事は都内で営業をやっています。 趣味はドライブで、休日は美味しいものを食べに来るまで遠出することも多いです。 ○○さんもおいしいお店を探すのが趣味とあり、住んでいるところも近かったので思わずメールしてしまいました。 この辺でおすすめのお店などご存知ですか?同じ趣味同士お話しできたらうれしいです。 よかったらお返事ください。 —————————————————   この場合「趣味が同じである」「住所が近い」「(プロフに自分のタイプが書いてあれば)あなたがタイプである」という理由があったからこそ、あなたにメールをしました、という意味になります。 必ず質問する 受け取ってみるとわかりますが、質問のないメールは非常には返信がしづらいです。あまり込み入った質問は最初からすべきではないですが、趣味について尋ねたり、休日の過ごし方について尋ねたり、プロフィールを見て何か一つは質問をしましょう。   「映画が趣味とのことですが、最近では何がお勧めですか?最近一人映画デビューしたので是非参考にしたいです。」 「○○さんと同じく僕も旅行大好きです。今まで行ったところで一番よかったのはどこでしたか?」 「サッカー観戦いいですよね!○○さんはどこかファンはあるんですか?」 「お料理が趣味なんて素敵ですね!写メとか撮ってないんですか?是非見てみたいです!」 「○○さんは休日は何されていることが多いんですか?」 …

images

返信率グッと上げる女性の探し方

  2013/09/21    メールの書き方を攻略

「最初のメールからの返信がほとんどない・・・」 「返信してくれやすい人なんているの?」 写真がない女性に送る メールの返信おくるまでに女性は以下のことをするはずです。 メールを開く メールの内容を見る 興味があれば時間のある時に返信する まず返信がもらえないパターンとして、メールを開かれないというケースがあります。出会い系に登録している女性が受信するメールの数は、多い人で100通を超えるといいます。そのなかですべてのメールを開くかといえば、そうではないでしょう。   つまり当たり前ですが、たくさんメールを受け取っていそうな女性には、どんなに内容が素晴らしいメールを送ったとしても開いてももらえない可能性が上がるということです。   ではたくさんメールをもらう女性はどういう女性でしょうか。それは顔の写真を載せている女性です。男性としても顔がわからない人にメールするよりは、顔を見て判断してからメールを送りたいと思うのが普通ではないでしょうか。よって顔を載せていない女性にメールを送るだけで、メールは開かれる確率はグッと上がります。   それではメールしたものの、全然顔がタイプじゃない可能性があるといわれてしまいそうですが、顔のわかる写真をアップしているだけで業者やキャッシュバッカーである可能性がかなり高まっており、そうでなかったとしても実際に載せているのは3年前の写真で、会ってみたら全然違ったということはよくあることです。     とはいえ会う前に写真が見たいとは思うので、連絡を取っていくうちにこちらから写メを送り、相手にも見せてほしいとお願いすればよいでしょう。   なのであまり写真で相手を選ぶのは、出会える確率の面からみるとあまり良いことではないのです。 女性との共通点がある 趣味や、仕事、住んでいるところ等なにかしら共通点があるだけで、返信をもらえる確率は上がります。女性からすると、相手の顔もよくわからないうえ、全く自分とは違うタイプの人だと感じると、なんとなく不安を感じたりするのが普通でしょう。   さらに共通点があればメールも送りやすくなるうえに、会話が続きやすくなり、共通点を口実に「今度一緒に○○しようよ」などかなり会える確率も高まります。 お互いにタイプが当てはまっている 女性のタイプに自分が当てはまっていれば返信率が上がるのは当然ですが、こちらのプロフィールでも好みのタイプを宣言しているのであれば、それに当てはまる女性を狙ったほうが返信率があがるのです。   なぜならタイプではないのにメールをしてくるということは、「タイプではありませんがメールをしてみました」という失礼な意味にもなりかねないですし、「この人は誰でもいいのか」思われてしまうでしょう。   後述しますが、「自分はなぜあなたにメールをしたのか」が重要になりますので、その理由の一つとして「私のタイプであるから」ということを伝えるためにも、意識すべきでしょう。

a0777_000010

メールをする相手を見極めて返信率を跳ね上げる

  2013/09/21    メールの書き方を攻略

「とりあえず好みの女性に片っ端からアプローチしてみよう!」 「返信が全然返ってこないんだけど、内容が悪いのかなぁ?」 出会うためには、実は相手を選ぶことが非常に重要 出会うためにはメールが非常に重要なのはわざわざ言われなくてもわかるかもしれませんが、相手を選ぶことがそもそも重要と気づいている人はあまりいないかもしれません。   むしろメールが重要なのは非常にわかりやすく、ほかのサイトでも言及されているので皆さん意識しますが、「女性を選ぶ」ということの重要性に気づいていない方が多い分、1番注意すべきで重要な部分だと考えています。   よってすでに見た方もいるかと思いますが、以下のようにメールの次に女性の選び方が重要だと私は考えています。   メール   ・・・40% 女性の選び方・・・35% プロフィール・・・15% その他   ・・・10% 100%出会えない女性が存在する なぜそんなに選び方が重要なのか。それは「100%出会えない女性」というものが存在するからです。メールの内容とは全く無関係に、その人にはどのようなアプローチをかけても出会えないのです。理由は様々ありますが、以下のことが考えられます。   金銭目的の女性である(お金を払えば会える) キャッシュバッカーである 登録はしたものの、実際にサイトを利用していない タイプとあまりにもかけ離れている   上記に該当する女性はメールを送るだけ無駄で、どんなベテランでも基本出会うことはできません。まずはこのような女性を避けることで、出会う確率を上げる必要があるのです。 高確率で出会える女性が存在する 上記とは逆に、しっかりとアプローチさえすれば「高確率で出会える女性」というのも存在します。相手のタイプに自分が当てはまっていたり、ほかの男性があまりアプローチしていないお宝的な女性を見つけたり、趣味が似ていたり、連絡するタイミングであったりと要素は様々です。   つまりメールをする相手によって既に出会える確率はかなり変動しており、メールの内容によってどこまでその確率を引き上げられるかが重要ということです。   あまり選び方について言及しているサイトは見たことがありませんので、是非意識してみてください。

7335929436_cdab064e6d_b

出会い系でメールを送る前に覚えてほしいこと

  2013/09/21    メールの書き方を攻略

「どんな人にメールを送るのがいいの?」 「どんなメールを送ったらいいの?」 メールの使い方が出会えるかどうかの40%を握っている 私の感覚では出会えるために特に重要なのは、以下の3項目だと考えています。   メール   ・・・40% 女性の選び方・・・35% プロフィール・・・15% その他   ・・・10% つまりメールがとても重要だということです。当たり前ですが基本メール等の文面だけで、相手に信用してもらえるようになるのは簡単ではありません。プロフィールに顔を載せていたとしても本人かどうかは不明で、最初は不信感を持つのが普通でしょう。   ただここが出会い系の面白いところだとも思います。以下に文面だけで興味を持ってもらえるかを考え、アドレスを交換し、実際に出会い、最終的には彼氏にしてもらえるのか。   もちろん最終的な結果は人それぞれ目指すところは違っていいのですが、メールからスムーズに出会えるまで行った時の喜びは何とも言えません(笑) まずしっかりと相手を選ぶということ 何の考えもなく、好みの女性に片っ端からアプローチするのは得策ではありません。女性が一日に受け取るメールの数は多い人で100通を超える人もいるようです。そんな相手に考えもなくメールを送っても、スルーされポイントと時間を浪費するだけで、一向に返信はもらえません。   何か自分と共通点があったり、女性のプロフィールにある趣味に対して知識があったりと、会話が続く要素を持っていなければ、たとえ返信をもらえたとしても、会話が続かず出会うまでには至らないでしょう。   また女性の中にはどんな男性が好みなのかを、プロフィールに書いている人もいます。このタイプと自分があまりにもかけ離れている場合にもメールは控えたほうがいいでしょう。 そもそも返信率は決して高くない どんなに共通点があっても、相手が宣言している好みのタイプに自分が当てはまっていたとしても、返信がないなんてことはザラにあります。  すでに夢中になっている男性がいたり、そもそもログインをしていなかってり、メールを開けてもらえてなかったり。。。よってあくまで返信してくれる確率をいかに上げていくかが、出会えるための必須条件となるでしょう。   サイトによってまちまちですが、返信率10%くらいのサイトもあれば、50%以上返信をもらえるものもあります。私の得意不得意も大いに関係しているとは思いますが(笑)。 とくにかく経験あるのみ メールに関しては特に経験がものをいうと思います。返信をするタイミング、敬語を崩すタイミング、顔文字を使うタイミング、話題の切り替え、アドレスを聞くタイミング等々。   もちろん「この書き方なら返信率が多少高まる」等はありますが、相手はあくまでも一人の人間なので、実際にどうなるかはやってみなければわかりません。人によって、ずっと敬語でメールすべきか、フランクにメールをした方がいいかなど、状況によって様々です。   経験を積めばたった数百円で出会うことも可能なので、是非このサイトを参考に皆さんもいろいろと試してみてください!

生活習慣病