「最初のメールからの返信がほとんどない・・・」
「返信してくれやすい人なんているの?」

写真がない女性に送る

メールの返信おくるまでに女性は以下のことをするはずです。

  1. メールを開く
  2. メールの内容を見る
  3. 興味があれば時間のある時に返信する

まず返信がもらえないパターンとして、メールを開かれないというケースがあります。出会い系に登録している女性が受信するメールの数は、多い人で100通を超えるといいます。そのなかですべてのメールを開くかといえば、そうではないでしょう。
 
つまり当たり前ですが、たくさんメールを受け取っていそうな女性には、どんなに内容が素晴らしいメールを送ったとしても開いてももらえない可能性が上がるということです。
 
ではたくさんメールをもらう女性はどういう女性でしょうか。それは顔の写真を載せている女性です。男性としても顔がわからない人にメールするよりは、顔を見て判断してからメールを送りたいと思うのが普通ではないでしょうか。よって顔を載せていない女性にメールを送るだけで、メールは開かれる確率はグッと上がります。
 
それではメールしたものの、全然顔がタイプじゃない可能性があるといわれてしまいそうですが、顔のわかる写真をアップしているだけで業者やキャッシュバッカーである可能性がかなり高まっており、そうでなかったとしても実際に載せているのは3年前の写真で、会ってみたら全然違ったということはよくあることです。
 

 
とはいえ会う前に写真が見たいとは思うので、連絡を取っていくうちにこちらから写メを送り、相手にも見せてほしいとお願いすればよいでしょう。
 
なのであまり写真で相手を選ぶのは、出会える確率の面からみるとあまり良いことではないのです。

女性との共通点がある

趣味や、仕事、住んでいるところ等なにかしら共通点があるだけで、返信をもらえる確率は上がります。女性からすると、相手の顔もよくわからないうえ、全く自分とは違うタイプの人だと感じると、なんとなく不安を感じたりするのが普通でしょう。
 
さらに共通点があればメールも送りやすくなるうえに、会話が続きやすくなり、共通点を口実に「今度一緒に○○しようよ」などかなり会える確率も高まります。

お互いにタイプが当てはまっている

女性のタイプに自分が当てはまっていれば返信率が上がるのは当然ですが、こちらのプロフィールでも好みのタイプを宣言しているのであれば、それに当てはまる女性を狙ったほうが返信率があがるのです。
 
なぜならタイプではないのにメールをしてくるということは、「タイプではありませんがメールをしてみました」という失礼な意味にもなりかねないですし、「この人は誰でもいいのか」思われてしまうでしょう。
 
後述しますが、「自分はなぜあなたにメールをしたのか」が重要になりますので、その理由の一つとして「私のタイプであるから」ということを伝えるためにも、意識すべきでしょう。